コスタリカの巨大石球群 オーパーツ 

謎・不思議

 

古代に作られたとされる、完全な真球の形をした石球群が発見された。この巨大な石球群は「コスタリカの巨大石球群」と呼ばれるようになった。

 

コスタリカの巨大石球群はそのすべてが真球の形をしており、当時の技術力では製造は不可能であると考えられた。

 

どれもが推定年代から、その時代には存在することができない。これらの遺物は本当にオーパーツなのだろうか・・・・・


スポンサードリンク



 

コスタリカの巨大石球群

 

オーパーツ

 

1930年代初め、アメリカ企業の農園を作るため、ジャングルを開墾していた作業員たちは不思議なものに出くわした。

 

表面がきれいに磨かれた花崗岩製のボールである。

 

その数200個以上、直径約2・6メートル、重さ20トン以上もの巨大なものから直径数センチの小さいものまで大きさはまちまちだが、共通しているのはその形が完全な球形を成していることであった。

 

調査によると、石球は西暦300年から800年ごろに栄えた石器文化のディキス人が作ったという。

 

石球の加工には、花崗岩よりも固い金属が必要とされており、石器時代のディキス人がそうした道具を持っていたはずがない。

 

また、何らかの方法で花崗岩を削れたとしても、真球にするためには高度な幾何学の知識が必要であり、その加工には現代でもコンピューターを必要とする。

 

なぜ石器時代の人々が完全な球形を作ることができたのだろうか。

 

故に「これらの石球は石器時代人ではなく、高度な技術を持った道の文明人が残した遺物である」

 

また、「石球の配置はそのまま天球図になっており、」異星人が地球上から故郷の星を探す際の航路図を示すために地上に置いていった」という説が考えられるようになった。

 

そして、コスタリカの石球群はオーパーツであると考えられるようになった。

 


 

 

真相は・・・・・

 

オーパーツ

 

古代ディキス文化に金属器がなかったというのは事実である。

 

しかし、彼らを原始人のように考えるのは間違いであり、中米の古代文明では金属器なしで花崗岩のような硬い石を加工する技術が発達していた。

 

ディキス文化以前の、オルメカ文化の遺跡でも花崗岩を加工した遺物が数多く発見されている。

 

金属器がなくても、花崗岩よりも固い石を使えば花崗岩を削ったり彫ったりできる。

 

また、石を球形に加工する技術についても、木の道具を用いて実験に成功している。

 

その実験の際には、時間短縮のため、石を削る道具のみ現代のものを使用したが、古代の道具を使ったとしても、何十年もの歳月をかけて石を刻めば再現が可能であることがわかっている。

 

石球群が天球図であるという考えについては、そもそもその考えが検証できない。

 

実は、多くの石球が発見された場所から持ち出され、博物館や公園などに飾られている。

 

また、発見当初、中に黄金が隠されているというデマが流されたため壊されてしまったものもある。

 

なので、今となってはかつて石球がどのように置かれ、配置されていたのかを知ることは不可能なのである。

 

石球が宇宙人でなければ作れないとしたら、この石球群は真のオーパーツとして多くの謎を残していただろう。

 

しかし、石を削る方法、真球に加工する方法も十分に説明できるので、あえて宇宙人説を持ち出す必要ないのではないだろうか。

 

オーパーツまとめ

解明されていない世界の謎・不思議まとめ


スポンサードリンク



 

コメントを残す