カブレラストーン オーパーツ 

カブレラストーン古代人は恐竜と共存していた?

南米で発見された奇跡の石「カブレラストーン」

 

 

 


スポンサードリンク



 

カブレラストーンとは

 

1961年、南米ペルーにある川が豪雨によって氾濫した際、地中から奇妙な彫り込みのある石が大量に見つかった。

 

通称「カブレラストーン」と呼ばれるものが発見された。カブレラストーンはイカ野の町で診療所を営んでいたカブレラ博士が収集、保存に努めたことからその名がついた。

 

このカブレラストーンには、驚くべきことに今から6500万年前に絶滅したとされる恐竜や、その恐竜とともに生活する人類の絵、さらには天体観測や外科手術の様子など、高度な文明が存在していたことを示す絵が描かれていた・・・・・

 

古代に高度な文明が存在していたことを示す証拠になるものとして、多くの学者、研究者がこの意石を調査した。

 

1967年にペルーの会社が行った年代鑑定の結果、このカブレラストーンは1万2000年以上前に作られたという結果が出た。

 

2004年にペルー研究所が行った年代鑑定でも底辺古い時期に作られたものだという結果が出ており、世紀の大発見であると話題を読んだ。

 

この年代鑑定が正しいならば、1万2000年以上前に高度な文明が存在していたことを示す証拠となり、考古学の常識が覆されかねない。

 


 

 

 

発掘現場の存在が確認されてない

 

ダウンロード (6)

 

 

カブレラストーンを保存していたカブレラ博士は、1人の農民からその発掘現場を聞き出し、この2人だけが発掘場所を知っていた。

 

しかし、2人はその場所を亡くなるまで秘密にしていたため、発掘現場はこれまで一度も客観的に確認されていない。

 

この発掘現場が確認されていないために、カブレラストーンはその真偽が疑われるようになった。

 

発掘現場がわからなければ、その地層や同時に発掘された有機物を考慮して調べなければ正確な年代を特定することは難しい。

 

ペルーの会社と研究所では古代のものだという年代鑑定の結果が出ていたが、この結果は信用できるものではなくなった。

 

ペルーが宣伝効果も狙って、年代鑑定の結果をごまかしたのではないかとも考えられるようになった。

 

また、カブレラストーンを発掘したと主張していた農民の1人が「カブレラストーンは自分たちが偽造したもの。」と告白したこと、ロンドンの研究所では”比較的最近作られたものである”という結果も出ている。


スポンサードリンク




 

 

 

その真偽は・・・・・

 

カブレラストーン

 

客観的に判断したところ、このカブレラストーンは偽物可能性が高いと言わざるをえない。カブレラストーンを本物だとする人々の主張はどれも証拠がなく、合理性に欠ける。

 

たとえば、「カブレラストーンの様々な絵を描くには、医学、天文学などの専門知識が必要で、偽造するのは難しい。」と主張している。

 

しかし、カブレラ博士は医師であり医学に関しては知識を持っているし、医師であればその他の専門知識をどこかで得ることができても不思議ではない。

 

また、カブレラ博士は「石が本物かどうかは石を落とせばわかる。本物は簡単に割れてしまうが、偽物は割れない」と主張しているが、こんなものは論ずるに値しない。

 

カブレラストーンにが本物であれば、世紀の大発見であったのだが、この石も他の多くのオーパーツと同様、誤解や調査不足・イタズラによってもたらされた「偽物」であった。

 

世界には、まだまだ解明できない謎や不思議なことがたくさんあるのかもしれません・・・・・

解明されていない世界の謎・不思議まとめ

オーパーツまとめ


スポンサードリンク



 

 

 

コメントを残す