ネブラ・ディスク オーパーツ 

謎・不思議

 

古代の人々は空を見上げ、星々の動きから様々なことに思いをはせていた。

 

ゆえに天文学に関する高度な知識を発達させ、暦などを作り上げるまでになった。その証拠が世界各地に見られる様々な暦や、天体の動きを利用した遺跡の数々である。

 

そんななか、2002年にドイツで古代の天文盤とみられる遺物が発見された。その遺物は発見された地名にちなんで「ネブラ・ディスク」と呼ばれるようになった。

 

しかし研究がされるにつれ、「ネブラ・ディスク」には驚愕の事実が隠されていることが明らかになっていく。


スポンサードリンク



 

古代の天文盤 「ネブラ・ディスク」

 

オーパーツ

 

2002年、ドイツ中部の町ネブラで、古代の天文盤とみられる青銅製の遺物が発見された。

 

通称「ネブラ・ディスク」と呼ばれるこの天文盤、最も特徴的なのは、その表面に施された金の装飾である。三日月や太陽、星などが描かれている。

 

なかでも三日月と、その近くに位置する7つの星の集まりはプレアデス星団を表しており、この2つは太陰暦に起きる季節のずれを解消するために使われていた可能性が高い。

 

他にも、夏至と冬至の日に太陽が昇る位置や、日没の位置を示す道具として使われていたことが判明する。

 

「ネブラ・ディスク」は極めて高度な天文ツールであることが分かった。制作された年代は、鑑定の結果、今からおよそ3600年前のものであることがわかっている。

 

定説によれば、ヨーロッパに天文学の知識が伝わったのはそれより1000年も後のことである。

 

専門的な天文学の知識を持っていなかった当時の人々は、いったいどうやって「ネブラ・ディスク」のような高度な天文ツールを作ったのだろうか?

 


 

 

真相は・・・・・

 

発掘場所はドイツのネブラの町の近くにある、丘であることが分かった。

 

ここから発掘され他の遺物の年代測定が行われた結果、「ネブラ・ディスク」は紀元前1600年ごろ、すなわち今から3600年前の青銅器時代のものであることが分かった。

 

また、発掘された場所の近くは、その近くが環状の盛り土になっていることが判明し、先史時代の祭儀場か古代の天文台であったと考えられる。

 

もちろん、「ネブラ・ディスク」に関しても真偽論争が巻き起こった。

 

その真偽を明らかにするため、実際に「ネブラ・ディスク」は複数の科学者によって、さまざまな分析が繰り返し行われてきた。

 

その結果、「ネブラ・ディスク」に関して様々な事実が判明した。

 


 

 

「ネブラ・ディスク」の分析結果

 

オーパーツ

 

「ネブラ・ディスク」が分析されると、実際に遺跡から発見されたものであり、現代ではなく古代に製作された可能性が高いことが分かった。

 

天文盤と剣、その他の道具類の遺物を化学分析したところ、使用されている銅がすべて同じオーストリア・アルプス産であることも判明した。

 

また、一緒に見つかった剣のグリップに使われている木材を年代測定したところ、紀元前1600年ごろのものであることがわかった。

 

これは同じ遺跡から見つかった遺物の年代と一致しており、剣と一緒に発見されて銅の産地が同じである天文盤も、その年代に製作されたことを示している。

 

天文台の装飾に使われている金の産地から、青銅器時代のヨーロッパで開く交易がおこなわれていた事実を裏付けた。

 

ネブラの位置する当時のドイツ中部は銅や塩の産地だったため、ヨーロッパ経済の中心となっていた。

 

交易によってイギリスから錫が持ち込まれたり、フランスからは錫などが持ち込まれたりしていたのだ。

 

「ネブラ・ディスク」も、こういった交易によって得られた鉱物資源を使って製作されたと考えられる。


スポンサードリンク




 

 

 

「ネブラ・ディスク」の使用用途は?

 

オーパーツ

 

遺物の年代や古代の交易ルートは明らかになってきているが、「ネブラ・ディスク」自体の用途は一体どんなものが考えられるのだろうか。

 

最も有力だとされているのは天文盤としての役割である。

 

「ネブラ・ディスク」を観察すると、青銅製の円盤の上に並ぶ大きな三日月のシンボルとその横の円形のシンボル、そして7つの星の集まりに気付く。

 

これらのうち三日月はその形を詳しく研究すると、新月から4、5日目の形を表していることが判明した。

 

これにプレアデス星団を組み合わせると、その天体図が約3年に1度、実際の星空の位置と一致するときがある。

 

つまり、「ネブラ・ディスク」は実際の季節を同期させるための道具としての役割があったと考えられるわけである。

 

また、ほかにも用途は考えられている。

 

天文盤の縁にある金の帯の両端部分は、夏至と冬至における地上戦場の太陽の動きを知るために使われていた可能性も考えられる。

 

ネブラディスクが埋葬されていた場所は、紀元前1600年ごろには遠くの地平戦がよく見える場所であった。

 

この場所で天文盤を地平線に向けると、帯の上端が夏至の日の出と日没地点を示し、下端が当時の日の出と日没地点を示す。

 

こうして見ると、「ネブラ・ディスク」は高度な天文学の知識をもとにして作られていることがよくわかる。

 

定説では3600年前のヨーロッパにこう言った専門的な知識はなかったとされているが、この天文盤の発見によって定説は覆ったのである。

 


 

 

 

ネブラディスクは真のオーパーツである

 

オーパーツ

 

以上のことから、「ネブラ・ディスク」は偽物の可能性がほとんどなく、高度な天文ツールであった可能性は極めて高い。

 

青銅器時代の人々が、これほど高度な天文知識を持っていたとは今まで考えられておらず、まさに「場違いな工芸品」である。

 

つまり、「ネブラ・ディスク」は真のオーパーツであると言える。

 

しかし、この遺物は超古代文明人が作ったわけでもなく、ましてや宇宙人が作ったものでもない。

 

3600年前の人々が星空を眺め、そこに法則を見出し、今季強くたゆまぬ観測を続けた結果作られたものであることには違いない。

 

超古代文明や宇宙人が作ったのではないことは残念であるが、天文学発展の歴史は塗り替えられた。

 

「ネブラ・ディスク」は考古学の常識を覆し、科学史をも塗り替えた。

 

そういう意味でも、この遺物は真のオーパーツであると言えるのではないだろうか。

 

オーパーツまとめ

解明されていない世界の謎・不思議まとめ


スポンサードリンク



 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す