古代エジプトの電球 オーパーツ 

古代エジプトの電球

 

古代エジプトの神殿や墓所には見事な壁画が数多く残されている。不思議なのは、光が届かない暗い部屋にも見事な劇画が描かれていることだ。

 

照明なしに絵をかくことは不可能だが、古代の照明といえば松明のように火を使うものばかりである。

 

そんなものを室内で使えば、燃え上がる煙で部屋が煤だらけになり、壁画を描くどころではなくなってしまう。

 

古代エジプトの人々は、いったいどうやって壁画を描いていたのだろうか?


スポンサードリンク



 

古代エジプトの電球の壁画?

 

上で述べた謎に関する手がかりとなるレリーフが古代都市アンデラで発見された。

 

多くのレリーフの一つに神官と思しき男性が大きなナスのような形の物体を持っている構図がある。

 

古代エジプトの電球

 

このナスのような物体の内側には折れ曲がった細長いひものようなものが見える。

また、ナスのヘタにあたるあたりからは太い線が伸びている。

 

しかも、そのナスのようなものを下から支える柱は送電機などに使われる絶縁碍子と呼ばれるものにそっくりなのである。

 

このレリーフは赤らかに電球を描いたものであり、内側のひものようなものはフィラメント、ナスのヘタはソケット、ヘタから延びる線はケーブルにあたる。

 

このレリーフは紀元前に描かれたものであり、もしこれが本当に電球を描いたものであるならば、バグダッド電池と同様に古代に電気が使われていた証拠であり、科学史・考古学の常識を覆すものである。

 

古代エジプトの電球

バグダッド電池


 

 

 

その真相は・・・・・

 

古代エジプトの電球

 

古代エジプトで本当に伝記による照明が実用化していたなら、レリーフだけでなく、照明器具の実物や送電設備の痕跡が発見されているはずである。

 

しかし、今のところそのような遺物・痕跡は見つかっていない。

 

電球のフィラメント思われるものは蛇を表わしており、よく見るとその端は蛇の頭になっていることがわかる。

 

また、ナスのヘタのように見える者はエジプトハスの花の図像であり、送電ケーブルと思われるものは花の付け根の茎にあたる部分である。

 

蛇もエジプトハスも古代エジプトでは生命力と再生のシンボルとされており、エジプト美術ではよくみられるものである。

 

生命力と再生のシンボルを示したレリーフや壁画は、数多くの遺跡で発見されており、特別珍しいというものではない。

 

しかし、「照明を使わずにどうやって壁画を描いたのか、松明では部屋が煤だらけになり、壁画を描けないのか?」という疑問は残る。


スポンサードリンク



この疑問に対する答えは至って簡単なものであった。

 

古代エジプトに遺跡からはランプが出土している。ランプの光があれば、暗い部屋で壁画を描くことは可能だし、煙や煤はほとんど出ない。

 

また、日中には、鏡を利用して外の光を奥の部屋まで届かせ、手元を照らすということも行われていた。

 

有名なアブ・シンベル神殿では実際にそのような技術が用いられており、神殿の特徴の一つとなっている。

 

古代エジプトの電球

アブシンベル神殿

 

この技術は、古代エジプトの人々が計算に計算を重ね、完成させたものでありその実現にかかった時間と労力は計り知れない。

 

この時代に電池はなかったものの、当時の人々は驚くべき知識を持っていたのは違いない。アブ・シンベル神殿には古代エジプトの叡智を見ることができる。

 

このような知識にこそ、目を向けるべきであり、価値があるのではないだろうか。

 

ピラミッドに関しても、我々現代人では想像できない知識・労力・時間が用いられたのではないだろうか。

 

ピラミッドの建造方法がわかっていないのも、古代人の知識・技術の水準を低く見積もってしまっているからなのかもしれない。

 

世界には、まだまだ解明できない謎や不思議なことがたくさんあるのかもしれません・・・・・

解明されていない世界の謎・不思議まとめ

オーパーツまとめ


スポンサードリンク



コメントを残す