日清の冷凍パスタにもゴキブリが!! なぜゴキブリ混入が相次ぐ?

ゴキブリ

 

先週、ペヤングにゴキブリが混入していたということで、大きなニュースなりました。

人気カップ焼きそばにゴキブリが混入していたということで、衝撃を受けた方も多いと思われます。
ネット上では、その写真も公開されていました。

 

その衝撃のニュースからわずか1週間足らず、次は日清食品の冷凍パスタにゴキブリが混入していたことがわかりました。

 


スポンサードリンク



冷凍パスタにゴキブリが混入!!

 

ゴキブリ
ゴキブリが混入していたのは、「冷凍 日清スパ王プレミアム ブロッコリーの入った海老のトマトクリーム」

ペヤングの件とは異なり、ゴキブリの一部分が混入していたようです。

 

日清食品の調査では、食材として使われている野菜から混入した可能性が高いとのこと。

もちろん、混入していた商品を含め、混入が判明した冷凍パスタを製造したラインで製造した商品も回収するようです。
異物混入の指摘は3件あり、ほかの商品にも混入している可能性があるようです。
回収の対象はおよそ74万6000食分。(多すぎワロタwww)

 

皆さんも、日清食品の冷凍パスタが家にあるという方はご注意を。

 


 

 

なんでゴキブリが混ざるの?

 

ペヤングも今回の冷凍パスタと同様、製造ラインの中で混入した可能性が高いということで、どちらも製造過程で入ったといことになります。

 

ぺヤング

ゴキブリが混入したぺヤングの画像

 

でも、「検査とかで見つかるんじゃないの?」と思ってしまいますが、大量の商品の検品は、かなり手間がかかります。(検品のバイトをしたことがある人ならわかるかな?)

 

検品をバイトに任せていたり、すべて機械に委ねている企業も多いようです。

そうなってしまうと、検査が甘くなるところが出てきてしまうのでしょう。

 

また、製造ラインっていうのは工場なので、薄暗く、ジメジメしている感じ。

そのようなところにはヤツらはたくさんいそうですね。

 


 

 

ヤツらの生態系がすごい?

 

そもそもヤツらの生命力の強さ、生態系のせいで、混入してしまった可能性も否めません。

 

ヤツらは日々進化していて、殺虫剤が効かなかったり、レンジで温められても死なない個体も発見されているようです。

驚くべきことに、やつらは1mくらいの隙間であれば簡単に入れるそうです。
つまり、どっからでも入ってくるってことですね。www

 

しかも、尾葉と呼ばれる器官により、風の流れを察知できます。
そして、自分に対してはやい速度でむかってくるものをいち早く察知し、迅速に逃げることができるようです、手強い!!

 

ちなみに奴らが好む環境は以下の通り
・水気があるところ
・うす暗いところ
・以外にもきれい好きで、汚い環境は嫌い

 

好物はタマネギの皮だそうなので、注意しましょう。


 

まとめ

ペヤングに続き、冷凍パスタにもゴキブリが混入していたということで、このニュースも大きな話題になりそうですね。

 

ぺヤングは全品自主回収し、当分の間は販売中止となるようです。

その報道もあったか、ヤフオクではぺヤング3つに1万円近い値段がついたようです。笑

 

今では食べない人のほうが少ないインスタント食品。

お店レベルの味を再現したものもあり、今ではインスタント食品も馬鹿にはできないですよね。

 

それだけに、今回の事件は衝撃が広がりそうです。
食べようとして、ゴキブリが入ってたら一生買いません、僕はwww

 

消費者としては、今後このようなことが起きないことを祈るしかありません。

皆さんも、なにか異物が入っていると感じたら、すぐさまメーカーにご連絡を!!


スポンサードリンク



コメントを残す