古代核戦争 解明されていない世界の謎と不思議

 

古代核戦争

 

古代文明は核戦争で滅びた?

 

古代インドの叙事詩には、古代インドで起きた戦争に一撃で都市を消滅させるような神の兵器使われた、という記述がある。

 

その一例が次のようなものである。

「それは太陽を一万個集めたほど明るく、輝ける炎と雲のそそり立つ柱となって巨大な死をもたらす鉄の稲妻と呼ばれる未知の兵器だった。(中略)死体は見分けがつかないほど焼きただれ、髪の毛と爪は抜け落ちてしまった。器は外から力を加えないのに壊れてしまった。鳥は白くなっていた。数時間後、食べ物はすべて腐ってしまった。」(マハーバラータより)

「古代核戦争 解明されていない世界の謎と不思議」の続きを読む…

ファフロッキーズ 解明されていない世界の謎と不思議

ファフロッキーズ

 

空から、魚やカエル、血、鉄、カメなどが降ってきたという報告が世界各地でされている。

 

このような現象は英語で「空からの落下」を意味する「FAlls FROm The SKIES」の略語として「FAFROTSKIES」(ファフロッキーズ)と呼ばれている。

 

ファフロッキーズについての報告は古くは紀元前の時代からあり、途中しばらく中断はするものの17世紀ごろには復活し、以降は21世紀の今日までその報告が続いている。

「ファフロッキーズ 解明されていない世界の謎と不思議」の続きを読む…

フィラデルフィア実験 解明されていない世界の謎と不思議

フィラデルフィア実験

 

第二次世界大戦下の1943年月28日、アメリカのぺンシルバニア州フィラデルフィア工廠で極秘の実験が行われた。

 

強力な磁場発生装置を使い、駆逐艦エルドリッジをレーダーから見えなくするという内容だった。ところが、その実験が最悪の結果を招いてしまう・・・・・

「フィラデルフィア実験 解明されていない世界の謎と不思議」の続きを読む…

古代エジプトの電球 オーパーツ 

古代エジプトの電球

 

古代エジプトの神殿や墓所には見事な壁画が数多く残されている。不思議なのは、光が届かない暗い部屋にも見事な劇画が描かれていることだ。

 

照明なしに絵をかくことは不可能だが、古代の照明といえば松明のように火を使うものばかりである。

 

そんなものを室内で使えば、燃え上がる煙で部屋が煤だらけになり、壁画を描くどころではなくなってしまう。

 

古代エジプトの人々は、いったいどうやって壁画を描いていたのだろうか?

「古代エジプトの電球 オーパーツ 」の続きを読む…

ムー大陸 解明されていない世界の謎と不思議

ムー大陸

はるか太古の昔、海中に没したとされる「ムー大陸」。

アトランティスと並んで、失われ大陸としてムー大陸も人々のロマンを掻き立ててやまない。

 

どちらも同じような超古代文明の繁栄と滅亡を伝えており、多くの探検家、考古学者、歴史学者などの様々な者たちが、その存在を探し求めてきた。

 

日本においては、与那国島の海底遺跡が発見されたことにより、ムー大陸について多くの議論がなされた。

 

失われた大陸、ムー大陸。はたしてただの伝説か、それとも実在したのか・・・ 「ムー大陸 解明されていない世界の謎と不思議」の続きを読む…

アトランティス大陸 解明されていない世界の謎と不思議

アトランティス

 

古代、海に沈んだとされている大陸「アトランティス」。今でも、人々のロマンを掻き立て、この大陸を探求する者は後を絶たない。

 

アトランティスには、飛行機・潜水艦などの近代的な機械があったとされ、その文明力は現代文明をはるかに凌ぐものであったとされている。

 

謎の超合金・オリハルコンという鉱物も発明されていたとされ、鋼よりも硬く、錫よりも軽かったという。

 

多くの科学者は、「この幻の大陸は想像上のものであり、実在しない大陸である。」としている。しかし、探検家や考古学者の中にはアトランティス存在していると信じている者もいる・・・

「アトランティス大陸 解明されていない世界の謎と不思議」の続きを読む…