邪馬台国 解明されていない世界の謎と不思議

謎・不思議

 

「魏志倭人伝」に記された邪馬台国がどこにあるのかについては、江戸時代から論争が続いている。その中心が、畿内説と九州説である。

 

佐賀県にある弥生時代の遺跡、吉野ヶ里遺跡が発見されたことにより、「邪馬台国は九州にあった」という結論が下されると考えられたが、いまだに邪馬台国がどこにあったのかは判明していない。 「邪馬台国 解明されていない世界の謎と不思議」の続きを読む…

マヤ文明 解明されていない世界の謎と不思議

謎・不思議

 

古代文明には多くの謎が残されている。

 

エジプト文明の叡智の結晶ともいえるピラミッドは、いまだに半分も解明されていないと言われている。また、最古の文明であるメソポタミア文明にも、まだまだ謎が残されている。

 

そのなかでも、マヤ文明は謎と不思議に満ちている。高度な暦を築き上げていたと言われるマヤ文明は、様々な出来事を石碑に記し、その年代も一緒に記していた。

 

しかし、909年を最後にその石碑は突如姿を消し、マヤ文明は滅亡した。その滅亡の原因はいまだに謎のままである。

「マヤ文明 解明されていない世界の謎と不思議」の続きを読む…

アレクサンドリアの灯台 解明されていない世界の謎と不思議

謎・不思議

 

紀元前2世紀ごろ、ビザンティウムのフィロンは著書「世界の七つの景観」のなかで、有名な建造物を七つ挙げている。

 

それが今にいう「世界の七不思議」である。それらの建造物は、アレクサンダー大王の東方遠征以後、多くのギリシアの人々が訪れた観光地であった。

 

その一つである、「アレクサンドリアの灯台」

この灯台の高さは130メートルもあったと言われており、古代の人々どうやってがこれほどの高さのものを建造することができたのか。

 

この灯台は伝説上のものなのだろうか・・・・・

「アレクサンドリアの灯台 解明されていない世界の謎と不思議」の続きを読む…

ネブラ・ディスク オーパーツ 

謎・不思議

 

古代の人々は空を見上げ、星々の動きから様々なことに思いをはせていた。

 

ゆえに天文学に関する高度な知識を発達させ、暦などを作り上げるまでになった。その証拠が世界各地に見られる様々な暦や、天体の動きを利用した遺跡の数々である。

 

そんななか、2002年にドイツで古代の天文盤とみられる遺物が発見された。その遺物は発見された地名にちなんで「ネブラ・ディスク」と呼ばれるようになった。

 

しかし研究がされるにつれ、「ネブラ・ディスク」には驚愕の事実が隠されていることが明らかになっていく。

「ネブラ・ディスク オーパーツ 」の続きを読む…

バグダッド電池  オーパーツ 

 

バグダッド電池

日常でよく使われている電池の歴史は意外に浅く、電池が開発されてからおよそ200年ほどしか経っていないと言われている。

 

しかし、2000年以上も前の電池かもしれない「バグダッド電池」が発見されたことで、科学史が履がされる可能性がでてきた。

 

もし、本物の電池だとすれば一般に知られている科学史は根底から覆される。

「バグダッド電池  オーパーツ 」の続きを読む…

ピラミッド オーパーツ 

謎・不思議

 

古代エジプトには多くの謎が隠されている。

 

古代神殿に施された高度な仕掛け、遺物に見られる多くの天文学的な知識。なぜ古代エジプトの人々はこれほどの知識を持っていたのだろうか。

 

その中でも、最も謎の多い建築物であるピラミッド。建築方法、目的など、ピラミッドに関する謎の多くはいまだに解明されていない・・・・・

 

「ピラミッド オーパーツ 」の続きを読む…