ギリシャの火 オーパーツ 

オーパーツ

 

「ギリシャの火」と呼ばれるビザンツ帝国の秘密兵器をご存知だろうか?

 

ビザンツ手国は、東ローマ帝国とも呼ばれ、その起源は395年にローマ帝国が東西に分裂したことにまで遡る。古代ギリシャ文化のを色濃く継承し、その文化の継承国ともいえる存在である。

 

そんなビザンツ帝国の秘密兵器「ギリシャの火」が初めて用いられたのは、673年、首都コンスタンティノープルが攻撃され、帝国存亡の危機に直面した時の事である。

 

窮地に立たされたビザンツ帝国軍が、金属製のホースのようなもので相手に水のようなものを浴びせた。

 

すると突然、その水が激しく燃え上がり、たちまち相手を退散させた。

「ギリシャの火 オーパーツ 」の続きを読む…

ノアの方舟 オーパーツ 

ノアの方舟

 

聖書の創世記に登場する「ノアの方舟」

 

その方舟は、木で作られたにも関わらず地球規模の大洪水を耐え抜き、トルコの山に漂着したとされている。

 

2010年、この伝説の方舟残骸を発見したという報告がされ話題となった。この伝説の舟は本当に実在したのだろうか? 「ノアの方舟 オーパーツ 」の続きを読む…

古代壁画のヘリコプター・10万年前の金属コイル オーパーツ 

オーパーツ

 

古代のテクノロジーは、我々が考えるよりもずっと優れたモノであった。

 

マヤ文明の暦や遺跡には高度な天文学的な知識が用いられていたし、エジプトのピラミッドは今でもその建造方法が分かっていない。

 

そして、エジプトの神殿に奇妙な壁画が描かれていることがわかった。その壁画には、ヘリコプターや、戦闘機が描かれていた。

 

さらに、ロシアでは10万円前の地層からナノサイズの金属コイルが発見された。

 

これらは、人類の科学史を塗り替えかねないオーパーツであることが指摘され、話題を呼んだ 「古代壁画のヘリコプター・10万年前の金属コイル オーパーツ 」の続きを読む…

ナスカの地上絵 オーパーツ 

オーパーツ

 

ナスカの地上絵は、ペルーの乾燥地帯にある、地上に描かれた巨大な絵である。

 

絵のサイズは、小さなもので約20メートル、大きなものだと約300メートルもあり、紀元前2~5世紀の古代インカ人が描いたとされている。

 

数も非常に豊富で、ハチドリ、人間、サルなど様々なものが存在している。

 

ナスカの地上絵をめぐる謎については、古代人がこれほど巨大で精巧な絵をどうやって描いたのか、ナスカには生息していないシャチやサルの絵をなぜ描くことができたのか、という謎が議論されてきた。

 

「地上絵は、高度な文明を授けて去っていった宇宙人を呼び戻すために、その宇宙船の着陸跡を古代インカ人が真似て描いたもの」

 

「高度な科学力を持つ宇宙人か、その科学力を伝授された古代人に作られた」

 

このような説が話題を呼び、ナスカの地上絵は広く知られるようになった。 「ナスカの地上絵 オーパーツ 」の続きを読む…

与那国島の海底遺跡 オーパーツ 

与那国島の海底遺跡

 

沖縄県の西端にある与那国島。その沖合には人の手によって、とんでもない海底遺跡が存在する。

 

6000年以上前のものと考えられるこの遺跡は明らかに人工の遺跡であり、6000年前の日本に高度な技術を持った超古代文明が存在した証拠かもしれない。

 

はたして、この遺跡は誰が作ったのだろうか?超古代文明の存在を証明するオーパーツなのだろうか? 「与那国島の海底遺跡 オーパーツ 」の続きを読む…

ヴォイニッチ手稿 解明されていない世界の謎と不思議

謎・不思議

 

世界には無数の書物が存在する。そのなかでも魔術書や呪術書など、一風変わった書物は奇書と呼ばれる。

 

これら奇書には、さまざまなことが書かれている。魔術の方法や、降霊術、呪い・オカルトチックなもの、それらは多岐にわたる。

 

世界中の奇書の中でも、「世界でもっともミステリアスな書」として有名なのがヴォイニッチ手稿と呼ばれる書物である。このなぞの文書はいまだになぞに包まれている。 「ヴォイニッチ手稿 解明されていない世界の謎と不思議」の続きを読む…