古代核戦争 解明されていない世界の謎と不思議

 

古代核戦争

 

古代文明は核戦争で滅びた?

 

古代インドの叙事詩には、古代インドで起きた戦争に一撃で都市を消滅させるような神の兵器使われた、という記述がある。

 

その一例が次のようなものである。

「それは太陽を一万個集めたほど明るく、輝ける炎と雲のそそり立つ柱となって巨大な死をもたらす鉄の稲妻と呼ばれる未知の兵器だった。(中略)死体は見分けがつかないほど焼きただれ、髪の毛と爪は抜け落ちてしまった。器は外から力を加えないのに壊れてしまった。鳥は白くなっていた。数時間後、食べ物はすべて腐ってしまった。」(マハーバラータより)

「古代核戦争 解明されていない世界の謎と不思議」の続きを読む…

ファフロッキーズ 解明されていない世界の謎と不思議

ファフロッキーズ

 

空から、魚やカエル、血、鉄、カメなどが降ってきたという報告が世界各地でされている。

 

このような現象は英語で「空からの落下」を意味する「FAlls FROm The SKIES」の略語として「FAFROTSKIES」(ファフロッキーズ)と呼ばれている。

 

ファフロッキーズについての報告は古くは紀元前の時代からあり、途中しばらく中断はするものの17世紀ごろには復活し、以降は21世紀の今日までその報告が続いている。

「ファフロッキーズ 解明されていない世界の謎と不思議」の続きを読む…